工場はなにかと電気がかかる|省エネに切り替える時

エコ
  1. ホーム
  2. 電気基本料金を節約

電気基本料金を節約

メンズ

電力デマンド値の監視効果

一般家庭や企業では節電を目的として電力使用量を減らす取り組みがよく行われていますが、それだけでは電気料金節約として十分とは言えません。電気料金は電力使用量に応じた料金の他に、電力デマンド値に基づいた基本料金が加算されるのが一般的なのです。500kW以下の電力契約では電力使用量ピークを意味するデマンド値が30分ごとに計測されており、過去1年間に計測されたデマンド最大値で基本料金が決まります。1年間頑張って節電に努めたとしても、そのうちわずか30分だけ高いデマンド値を計測してしまえば、その数値に基いて基本料金も高くなってしまうのです。基本料金を節約するためには電力のデマンド値を常時監視する装置が必要で、設定した数値を超えそうになった場合に警告してもらうような仕組みが欠かせません。このデマンドコントロール装置には単に警告を発するタイプの他に、電気機器を自動制御して設定数値を超えないようにするタイプの2種類があります。デマンドコントロール装置には現在の電力使用量が表示される他、月間または年間のデマンド値実績と目標数値が表示される機種も少なくありません。目標数値を超えそうになった場合に警告ランプが点灯するタイプでは、エアコンを切ったり設定温度を調節したりする対応を手動で行う必要があります。高機能のデマンドコントロール装置は設定した優先順位に基いて電気機器を止める機能も備えており、デマンド値の制御がより正確に実施できるのです。契約電力が500kW以上のケースでも、事前に決めた最大需要電力を上回った場合は契約超過金が発生してしまいます。いずれも電力デマンド値の常時監視が電気料金の節約につながるため、企業や各種施設ではデマンドコントロール装置を導入する事例が増えています。日常的な節電の習慣とデマンドコントロールによる基本料金節約を組み合わせるのが、最も賢い電気料金節約術なのです。