工場はなにかと電気がかかる|省エネに切り替える時

エコ
  1. ホーム
  2. 電力自由化に伴う節電方法

電力自由化に伴う節電方法

男女

使用のピークを抑える工夫

企業では節電目的でデマンドコントロールを導入するところが増えてきました。それが一般家庭の電力自由化に伴い、スマート契約やデマンド契約が増えてきたことにより、家でもデマンドコントロールをする家庭が増えてきているのです。一般家庭で電気をアンペア契約をしている場合は、たとえ瞬間的に使い過ぎた場合はブレーカが落ちてしまい電気は使えなくなってしまいます。つまり、自然に一日の最大瞬間電力は制限されているわけです。しかし実量制では、30分ごとに使用電力を計測し、それを月単位で計算して電気料金を決めます。つまり、30分ごとの計測のうち、1分でも電化製品の使用が重なりピークが高く設定されてしまうと、電気料金にそのまま反映されてしまうのです。いくら気を付けて使っていても、夕方から夜の家族が集まる時間帯、調理やお風呂が重なる時間帯は電気の使用量はぐんと上がってしまいます。そこでデマンドコントロールを手助けしてくれるコントローラーの使用が便利なのです。コントローラーを使用すると、各家庭で設定した最大デマンド値に電力使用量が近づくと、警報音が鳴ったりして知らせてくれるものです。それ以上使い過ぎないように、使っていない電気機器のスイッチを切ったり、調理家電をずらして使用したり意識することが出来ます。これにより実量制での契約料金を抑えることが出来、節電そして節約につながるのです。もし手動で電気機器の管理が難しいのであれば、設定した置いた家電を警報時には優先的に切る設定ができるタイプもあります。もし電力自由化で、スマート契約やデマンド契約に切り替えた人は、デマンドコントロールできるコントローラーを選んでみるといいでしょう。