工場はなにかと電気がかかる|省エネに切り替える時

自然のある都会

節電に効果的な手段

工場

工場では多くの電力が消費され、なるべく水道光熱費を抑える為に省エネ対策が必要とされています。人件費の高さから国外に工場を移転する場合も増えて来ていて、東南アジアなどの場所で工場が操業される場合も多いとされています。緯度の関係から夏場の気温も高くなりエアコンを使用する場合にはその冷房負荷も相当に高いものになります。風通しを良くするのも方法の1つですが分野がITなどの精密機器の場合にはそういうことが出来ず他の省エネの方法をとらなければならなくなります。照明器具も高効率なLEDに替えるとか空調設備やボイラーも断熱施工や高効率のものを使うという方法がとられる場合もありますしエアコンの設定温度を落とすという方法もあります。熱の出入りは窓開口部や屋根部分、外壁部分から多く侵入するもので、この熱を遮断するのに効果を持つものが遮熱・断熱塗装という方法です。宇宙開発、とりわけロケット開発においてセラミックの粒子が熱を遮断する効果を持つことを発見し、これが塗料に利用されるようになりました。特に面積の広い工場などにおいては屋根材は折版やスレート葺きといった方法がとられるものでここに塗装することで熱線は表面で反射し室内部へ熱が入って来ない為に室内温度が上がらないという効果を持ちます。従ってエアコンを使用した場合にも節電効果で電力料金を節減することが可能になり省エネ効果を持ちます。工場を始め一般の住宅の屋根面や外壁面、内壁面に塗装を行っても室内温度の上昇を抑えることが出来同じく省エネ効果を発揮できるものです。

男女

電力自由化に伴う節電方法

電力デマンドは節電に有効な手段ですが、電力の使い方によっては、電気代が高額となってしまいます。コントローラーを導入して、電力の使い過ぎを防ぎましょう。デマンドコントローラーを使えば、使用する電力量に応じて警報音が鳴るため、使い過ぎを防ぐことができます。

男女

基本料金が安くなる

過去1年間における30分間の最大電力需要量によって、月々の電気料金が決定されます。デマンドコントロールは、30分間の最大電力需要量を抑える効果があるため、基本料金を下げることができます。また、電力の消費量が増えすぎると警告してくれるため、電力消費の総量も減らすことが可能です。

メンズ

電気基本料金を節約

電気料金のうちの基本料金は、30分ごとに測定される電力使用量ピークのデマンド値によって決まります。デマンドコントロール装置を導入することによってこのデマンド値が常時監視され、基本料金の節約に役立ちます。設定した数値を超えそうになると警告を発する装置と、電気機器を自動制御できる装置の2種類があります。